エステサロンで行われている脱毛サロンはレー

エステサロンで行われている脱毛サロンはレーザーか光を利用した方法が多く利用されています。両方の機器を設備しているサロンはあまりありません。脱毛に利用するときにはどちらを利用したいかによって施術場所の選択が変わってきます。
レーザーはもともともは医療機器として開発されました。そのため設備しているのは医療系のサロンやクリニックが多くなっています。エステや家庭用のレーザー脱毛器に比べると高いレベルのレーザーが使用できますので、脱毛効果が高いと言われています。
脱毛をした後はできるだけ長期間効果が持続することが望ましいでしょう。比較すると、レーザーの方が長持ちをすると言われています。しかし、美容機器の技術は日々進化しています。最新の光脱毛では効果の持続性が高くなっていると言われています。
脱毛には痛みがつきものですが、どちらが痛いかといえばレーザー脱毛の方が痛みは強いです。照射後は肌に熱も持ちますのでケアを怠ると赤く腫れてしまうこともあります。光脱毛は輪ゴムで弾いた程度の痛みですし、一瞬の照射で処置が終わります。痛いのが苦手な人は光脱毛のほうがよいでしょう。
ワキの脱毛をする以上は、他人に見せても自慢できるくらいきれいに処置をしたいものです。毛穴が目立たないツルツルの肌にするには適切な処置をすることが大切です。美肌効果が高い施術なら光脱毛の方が適しています。
このように2つの脱毛方法にはそれぞに特徴があります。内容を吟味して、選択しましょう。


妊娠中の脱毛



妊娠中の体はホルモンバランスが普段とは異なりますので、多くの女性はムダ毛の濃さや変化が気になってしまうようです。
ホルモンがムダ毛の濃さに対して影響を与えることがありますから、ムダ毛が濃くなったという女性の意見が多く聞かれます。
ですから、妊娠中でもムダ毛の処理や脱毛をしてきれいにしておきたいという気持ちが強まる時期ではないでしょうか。
脱毛の施術を行ってくれるサロンは数多くありますが、妊娠中の女性のお客さんの脱毛は受け付けていないところがほとんどです。
もしも、脱毛コースに通っている途中で妊娠が判明したときは、サロン側から休会を促されたり施術を断られたりするそうです。
エステサロンでは医療行為ができません。
脱毛の施術中に陣痛を誘発してしまったり、脱毛中の痛みがストレスに感じてしまい母体に悪影響を与えてしまうことになれば、サロンとしては対処することができないからです。
そのため、エステサロンでは妊娠中の女性の脱毛を断るのです。
とくに、妊娠初期はつわりがある大切な時期で日常生活を送るうえでも流産をしないように最も注意が必要な時期ですし、妊娠中期になって安定期に入ったとしても安心はできません。
妊娠後期に入っても、お腹の中では胎児が日々育っており、妊娠中のほんの少しのことでも体調や母体に影響を与えてしまうかもしれませんので、脱毛による刺激は避けたほうが安全です。
脱毛は、赤ちゃんを無事に出産して体調が整ってからエステに通うことをおすすめします。
どうしても妊娠中のムダ毛が気になる方は、シェーバーなどで処理を行う程度にしておきましょう。
管理人のお世話になってるサイト>>>>>わき脱毛


TOP PAGE